2017年06月01日

画像アップのテスト

IMG_6798.jpg


2017正月の富士山。
| その他 |

11年目

6月スタート。
ふとブログを思い出し、なんとかログインできました。
前回は、10か月以上前だ。でも関心ごとは同じだ。

ここ数か月は、小4とよくキャッチボールをする。砂ボールでのバッティングもする。
投げる球も打つ球も、強くなってきた。
本人も実感しているっぽく、楽しいみたい。

投球のしくみは、おもしろい。
効率よく体を使う方法を考えることができる。
その手の本を読んだりもして、当然サーブにも活きる。

投球や打球の方向への体重移動時の、回転抑制のための股関節と膝と足首の関係。
自分には、このことが最大の効用かな。

事務所は先月から11年目に入りました。
いつもどおり、基本どおり臨みます。
| 家族 |

2016年07月25日

運動と音

今朝の練習では、最初のショートコートラリーから最後のシングルスまで、あまり感触がよくなかった。
ボールが早く飛んできて、準備が遅れる。

自分の場合、調子の良し悪しは時間の要素で決まってくることが多いと思う。
特にフォア。余裕があると感じられるときは、うまくいく。
うまくいかないときは飛んでくるボールの弾み方に意識を向けると改善することが多いんだけど、今日は効果薄かった。

日曜日の少年野球の練習メニューで、バウンドするボールの捕球の仕方がテーマになった。
キャッチボールの一環で、高学年はショートバウンド、中学年は落ちてきたところで捕るという練習。

2バウンドしてから捕るとして、ヒュッ、バーンバーンバシッ。
とか、ヒュッ、バンッバンバシッ。
相手が投げて、バウンドしてバウンドしてキャッチ。
うーん、文章で表現しにくい。

ボールの動きをリズムで捉えられると、ショートバウンドでもそうでなくても、うまくいく。
捕れなくても、リズムをつかめているかどうかは、見ていてわかる。

とはいえ、子どもにとっちゃいきなり「リズムをつかめ」って言われてわかるかよって話だね。
その表現でわかる子は、すでにできているからわかるんだと思う。

少し視点を変えて、「ボールの弾む音を聞け」「音を意識しろ」から入ると、わりと効果があるみたい。なるほどねー。
それで、さっきの表現しにくい擬音を登場させました。

で、冒頭の話。
そういえばテニス関係の書籍でも、音の話はけっこう出てくる。
時間を認識する方法として、音というのは相性がよいのかもしれない。

今朝は、少し意識してみたものの効果実感できず。
意識の持っていき方にコツのような何かがあると思う。

学校の科目でいえば、体育と音楽かな。
関係なさそうなものが関係あるってなると、おもしろい。
まずは効果を実感してみたい。
| テニス |

2016年07月21日

助っ人

今日は、雨。
気温がそれほど上がらず、暑さ一服。
打合せ等の予定がなく、終日事務所で作業です。

今年になって、スタッフのスキルレベルが明らかに上がってきた。
任せられる作業が増え、その完成度もかなり高い。

要因は、助っ人の存在か。
週1、2回の登場でも、相当の影響力がある。
会計チェック時のスタッフの疑問に直接的に答えられるのは期待どおり。

さらには、おれの相談相手として情報整理を助けてくれるのが大きい。
教え方や伝え方の工夫だったり、必要なしくみのヒントだったり。
こちらの考えていることを適当にぶつけてそれを返して、とやりとりを繰り返しているうちに削ぎ落とされて論点が定まってくるという感じ。
思いつきで来てもらうようになったんだけど、おもしろいことになってきた。

ところで、土日はちょこちょこと少年野球の手伝いに行っている。

おれは野球の技術的なことにはほとんど触れない。
例えばストレッチの仕方とか、ルーティンワークの重要性とか、集中維持の意識づくりとか、自分がテニスをしてきて身についた知識を話題にするようにしている。

野球の技術やルールについては、長年携わっているコーチ達がメニューを工夫しながら教えている。
ここでは自分は助っ人。少し違う視点で、気づきのきっかけが作れたら意義深いと思う。

なにしろ弱小チームだからね、勝ったり負けたりのレベルまでにはしてあげたい。
この前久しぶりに勝てて、子どもも大人も、なんとも言えないほどにうれしかったもの。

さてさて、作業に戻ろう。
ブログをぼちぼち再開したいけど、どうなるかな。
| 仲間 |

2016年02月02日

多摩湖

IMG_6032.jpg


30km後のダメージチェック中。

いつものように、久々の投稿。
| その他 |